4年ぶりの登頂

ブログもほとんど書かなくなりましたが、今回は記録を残したかったのでちょっとメモ書き程度に載せてみました。
いつになるかわかりませんが、また登る機会があれば参考にしたいと思います。

ということで、我が愛する槍へ4年ぶりに行ってきました。

相方の許可を得て9月22日深夜22時半に自宅を出発。
走り出して30分。携帯忘れた~。もう戻れず不便な1日を過ごすこととなる。

途中休憩を入れながら、車を走らせ、出発地点新穂高に3時半に到着。
すでに予定より30分遅れ。大丈夫か?

とにかく暗い林道をライト照らしながら進みます。
でも、結構こんな時間でも登る人が歩いています。

林道の終点白出沢過ぎに明るくなりだし、滝谷出合、槍平小屋へ。

a002.jpg
遠くに出発地新穂高。そして槍への登りが続いています。

槍ヶ岳山荘前    a008.jpg      a004.jpg
槍ヶ岳山荘に到着。いいペースで登れました。
ここからの槍には、いつも圧倒されます。
[広告] VPS

頂上を往復し今回は西鎌尾根を進みます。
a003.jpg      a005.jpg

槍ヶ岳山荘を出発し10分。ストック忘れた・・・・。
取りに戻りました。

改めて西鎌へ・・・。

a009.jpg     a006.jpg    a007.jpg
途中、千丈乗越、左俣岳、硫黄乗越、縦沢岳を通過していきます。

このコース14年ぶり。
結構長く感じました。

a010.jpg a011.jpg
北鎌尾根の景色と高山植物が疲れを癒してくれます。

a012.jpg    
なんとか双六小屋に到着。おにぎりを食べて給水。
ここは水が無料です。ジュースは500円です。

a014.jpg    a015.jpg    a017.jpg
ここからは、景色の良い稜線歩き。写真を撮りながらぼちぼちと下りていきます。

a013.jpg
遠くに槍から通ってきた西鎌尾根の全体を見ることができます。

a016.jpg    a018.jpg    a019.jpg
双六小屋からは鏡平小屋を通って小池新道を下っていきます。

左俣の登山口林道には明るいうちに着く事ができました。

新穂高までは林道を約4キロ軽いジョグで下って日没をむかえたところで終了。

時間があれば笠が岳までと思っていましたが厳しいのでやめました。

天気の良い日に最高の登山ができました。

14時間山を歩き、40時間寝ずに遊べる体力がまだあることがありがたい。
何年後になるかわかりませんが、また槍を目指したいと思います。

2014年9月23日(火)祝日

新穂高  3:40 出発
白出沢  5:05 
滝谷出合 6:00
槍平小屋 6:50~7::00   
槍ヶ岳山荘 10:00~11:20
 (槍山頂往復 10:20~11:00)
千丈沢乗越  12:00 
左俣岳 12:50
硫黄乗越 13:20
双六小屋 14:10~14:30
弓折岳 15:30
鏡平山荘 16:00
左俣登山口(林道) 17:30
新穂高 18:00 4キロジョグ 到着 







スポンサーサイト

Tag : 槍ヶ岳

GW立山登山

今年のGWは、高速1000円が終了することもあり、少し遠くまで出かけてきました。

富山県立山連峰です。

10年以上ぶりとなる本格登山。

先月恵那山にシュミレーションがってら雪山登山をしてきたので遭難することはないだろうという感じです。

5月2日の夜出発して、車を走らせ立山に着いたのが朝の6時半。

ココからケーブルとバスで一気に標高2450mのところ室堂まで行きます。

5月といえどココはまだまだ雪の中。別世界です。

P1020180.jpg  P1020181.jpg  P1020182.jpg

初日は、雄山に登ります。

標高3003m比較的すぐに登れてしまう山なので、アイゼンを装備し滑らないように注意して登ります。

日焼け止めを忘れてしまい、地面からの照り返しがきつくすぐの顔は真っ赤になってしまいました。

15年ぶりの登頂。ココから縦走して山小屋に向かうつもりでしたが、ルートが厳しそうだったのでそのまま下山して山小屋に向かいました。

P1020183.jpg  P1020184.jpg  P1020185.jpg

まあ、寝ずに今日は来たので無理をせず早めに小屋に入るのが懸命。

今日は雷鳥ヒュッテに宿泊。ほとんど雑魚寝ですが、食事と温泉があるのはうれしい限りです。

P1020193.jpg

たっぷりと睡眠をとり翌日は大日岳方面へ登ります。

P1020186.jpg  P1020187.jpg  P1020189.jpg

このルートからの剣岳は最高でした。

ルートも尾根線をUP、dounしながら楽しめるコースです。

P1020191.jpg  P1020192.jpg

雪がなければ、麓まで下りられるルートもあるのですが、まだ足跡もなく危険なのでそのまま来たルートを戻ります。

時々剣岳の頂上が顔を出すのを横目に気持ちいい登山となりました。

P1020190.jpg  P1020188.jpg  P1020194.jpg

今年は雷鳥がまだあまり見受けられていないとの事。今回は会うことが出来ませんでした。
ちょっと残念でした。
おまけに夏と冬に以前雷鳥に出会った時の写真です。

1020196.jpg  P1020195.jpg

今度は、夏にもまた来たいですね。^^

Tag : 剣岳 立山 室堂 雄山 大日岳 雷鳥

槍ヶ岳トレイル

10月27日長野県槍ヶ岳3180mに登って来ました。

この山は、過去3回登ったことがあり、10年ぶりの登頂となります。

いろんな山を登ってきましたが、日本ではこの山が一番好きです。
遠くから見た山の形、頂上からの眺め、最高です。

当日の予定は家で仮眠して、夜に車を走らせ夜明けに登山開始の予定でしたが、熟睡してしまい寝坊。
5時に自宅を出発。
9時半からの登山となってしまいました。
これが、失敗の始まりでした。

まあ登るだけでも8時間かかる登山コース。
山小屋で一泊して下りてくるのが、一般的なコースです。
でも過去日帰り登頂していたこともあり、トレイルでがんばれば問題なく日帰りでも可能。

頑張って無事山荘に到着したのが、14時でした。

手が悴んでめちゃくちゃ寒い。
手袋を忘れたので、軍手を購入。200円なり。

例年この時期は、初観雪を迎えます。

この時期山荘は昼間でも5度を超える事はありません。
水道の水(雨水)も凍結して出ないそうです。
この山荘も11月2日で冬季休業します。

おにぎりを食べて、目的の山頂まで往復してきます。

P1020159.jpg   P1020158.jpg  F1020156.jpg  F1020155.jpg

しかし、ここが難コース。
岩をよじ登り、鎖をつかみ、はしごを登るという正直何回登ってもビビります。

     F1020154.jpg       F1020153.jpg   
頂上の広さは30人もいれば満杯で周りはすべて絶壁です。
今日は3人しかいなかったので、余裕でした。

P1020167.jpg  P1020164.jpg  P1020165.jpg  P1020166.jpg


ゆっくり景色を楽しむこともなく、寒くて怖くて10分ほどで下りてきました。でも最高の景色でした。
富士山も見えましたよ。

     F1020152.jpg       F1020151.jpg  



帰りのルートは、来た道を戻れば、日没までには下山することが出来ますが、
悩んだ挙句ちょっと欲張って大喰岳3101m、中岳3084m、南岳3032mを縦走して
そこから下山するルートを選びました。

F10120150.jpg  P1020160.jpg  P1020162.jpg  P1020163.jpg

しかし、この下山コースかなりの難コースで途中で日没をむかえてしまいました。失敗したぁ~

それでも、途中の登りのルートと合流する槍平小屋まではライトなしで下りてこれることが出来てホッといたしました。

後は暗いながらも川沿いの一本道なので、真っ暗な山道を月明かりとライトでなんとか林道の入り口まで下りてくることが出来ました。

ここまでくれば、トレイルで走って登山口まで問題なく到着することが出来ます。
正直熊が出たら、終わりやろうなぁ~と思いながらビクビクしながら下りてきました。

㌔にして30キロ。高低差2000m。11時間のトレイル?山登りでした。

夏ならまだしも、この時期に北アルプスのトレイルは、険しくハードでトレイル向きではないですね。

帰りに、荒神の湯(星がきれいでした)に入って、高山で飛騨牛のコース食べて帰ってきました。

今回の行程

新穂高    9:40出発 白出~滝谷~
槍平小屋   11:30少し休憩 ココから急坂1100m登ります。
槍岳山荘   14:00到着
槍ヶ岳往復  
槍ヶ岳山荘  15:00出発
大喰岳・中岳を経て  3000mの尾根が続く
南岳     16:30通過 
槍平小屋   18:10通過 南岳西尾根下りは難コースだった。
              日没・・。
新穂高    20:10到着 やれやれ・・・。

下山は休憩してねぇや~。

Tag : 槍ヶ岳 北アルプス トレイル 南岳 槍ヶ岳山荘

白山に登って来ました。

9月5日岐阜、石川県に位置する白山に登って来ました。

     P1020148.jpg        P1020137.jpg

白山は約350年前に噴火している火山です。山頂付近には5つの火口湖があります。

登山小屋室堂センターからお池周りといって、2時間程で回ることが出来ます。

今回は、登山ではなくトレイルという形で登って来ました。

登山との違いは、軽装で走ったり歩いたり、山を駆け回ると言う言葉が当てはまるのではないでしょうか?

それでも、登りは早歩き、下りは駆け下りると言う感じになります。

岐阜県側の大白川から平瀬道という登山道があり、そこから登ることにいたしました。

       P1020136.jpg

少し遅い10時過ぎに登り始め、休憩なしで室堂2450mに着いたのが12時半。ちょうどお昼時です。

コンビニで買ってきたおにぎりを頂きました。

    P1020133.jpg       P1020134.jpg

もちろん激うまです。

気温は15℃あるかないか、汗かいたシャツで寒く感じます。

ココは夏でも20℃を越えることはほとんどありません。

猛暑関係なしです。

少し休憩をとってから白山最高峰御前峰2702mまで行きます。30分弱ですね。

        P1020139.jpg


さすがにココは山肌から吹き上げてくる風は冷たく天然のクーラー。寒い。

ぐるっとお池めぐりというコースがあり、途中白山第二峰、大汝峰によって室堂に戻ります。

  P1020141.jpg       P1020140.jpg

   P1020138.jpg        P1020135.jpg

ココはいいトレイルコースとなりました。

  P1020147.jpg        P1020144.jpg

  P1020142.jpg         P1020143.jpg
 

室堂に戻り、もう夕方の3時登山者は宿泊者のみでほとんどいません。

山の日暮れは早いので、早く下山しないといけません。

それでも、トレイルで走って下れば1時間少しなんで5時までには下りられれば大丈夫です。

  P1020149.jpg        P1020146.jpg 

  P1020145.jpg       

予定通り、5時前に下山することが出来ました。

大白川にはもう一つ楽しみがあります。

温泉です。大きなダムの湖を見渡せる露天風呂。

        P1020132.jpg


疲れた身体を癒してくれます。

登山者専用の一件宿があり、秘湯の源泉かけ流しです。

源泉は90℃近くあるそうです。

温泉たまごも名物で、飲用もできるので飲んできました。

あとは、近くの山のミネラルウォーターを汲んで持ち帰ってきました。

今日は、足も筋肉痛ですが、首と腕も筋肉痛です。

マラソンとは、違っていろんな筋肉を使ってる証拠です。

トレイル楽しいので、年内にもう一信州の槍ヶ岳3180メートル日帰りですが、チャレンジしてみたいです。






Tag : 白山 トレイル 御前峰 室堂 平瀬道

綿向山登山

最近は、マラソン大会の出場予定がないので、トレーニングをかねて山登りに出かけています。

週末の休みも出かけてきました。

P1020103.jpg P1020104.jpg

滋賀県の東部に位置する綿向山に登ってきました。

天気もよく、空気も美味しい。頂上で食べるおにぎりも格別。

都会暮らしは私には出来そうもありません。

途中、リスや鹿も現れて、自然を満喫してきました。

6月は、マラソン大会も2つあるので、登山はしばらくおやすみですが夏にはもう少し高い山も登ってみたいと思います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
ロックスミスをしています。

makotoの風

Author:makotoの風

最近は、ジョギングが休みの過ごし方です。 twitter ユーザー名 makoto6969 下のリンクからフォローして下さい。 mixi   ニックネーム Frienger”M”です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カギ坊の独り言
好きなテーマを選んで下さい。
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
モニターで稼ぐ
gooリサーチモニターに登録!
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング